FC2ブログ









ドッチラケーノシラーンケッ 

ハィ、ネタがありません(ぁ
でもコメントの返事ぐらいはしておくのが礼儀というモノで御座います(ぉ

>イトヤン
宣伝というか、まぁ餅は餅屋というかむしろ丸投げ?まぁこれからまた一年頑張ってくれたまえ。



これだけで終わるのも何なので、我が家の日常会話の一端をご紹介。

兄:金欠続きやなー。
俺:やー、でも来月も欲しい物が多くってねぇ。
兄:何や?
俺:色々と言えば簡単やけどな、やっぱまずはスコープドッグがもう一体欲しいわ。
兄:………どのタコや。

ハィ、正論で御座います(爆)
・やまと1/12
・アクティックギア
・KTフィギュアコレクション
・サンライズロボットセレクション

今現在こんだけタコがおります。アクティックギアでは4体を数えております。
まぁ他にバンダイの1/20とかDMZとか欲しいんだけど(ぁ
スポンサーサイト



[ 2008/01/29 20:11 ] チラシの裏 | TB(0) | CM(0)

「ピカピカ!俺の道」&「運命・ウェイクアップ!」 

さて本日は久々の特撮ネタ。まぁ普段はレビューとかやらないしやれないし面倒だしで、こーやって最終回とか第一話ぐらいしか書かないから久々になるんですけどね。
あ、そー言や電王については一話しか書いてないか。後でネタにします(ぁ
本格的なレビューは友人のイトヤンに丸投げして、まぁ軽く。



獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その47「ピカピカ!俺の道」

語る所はそう多くありませんなぁ。いや悪い意味でなく。
なるべくしてなったというような展開でして、まぁゲキレンの発表からこ展開は待っていたという意味で。
理央様がメレ様を抱き締めるシーンで『このツンデレめ』と呟いたのは俺だけで良い(ぁ
サイダイゲキリントージャ、やるとは思っていたがどうかと思うよ、ゲキリントージャでええやん(ぉ
そして最後にもう1つ。
もう今日の放送が最終回で良かったと思うよ。
you、このまま〆てゴーオンジャーにバトンタッチしちゃいなYO(酷
だって後2話とか、下手したらgdgdで終わりそうな悪寒がするんだもの(ぁ



仮面ライダーキバ 第1話『運命・ウェイクアップ!』

さて、色々思う所はありながらも実に良い最終回で〆られた電王の跡を継ぐ新たなるライダー、キバの期待と不安の入り混じる第一話。今まで散々敏樹の偉業(異業?)を見せ付けられてきた身としては、まだまだ『さわり』としか感じられませんな(毒されてるナァ…)
ツカミとしてはオッケーなんじゃないスか?コレも毎年言ってるような気がするけど(ぁ
取り敢えずスパイダーファンガイアがヘタレという事は解った(違
しかし2008年と1986年、二つの時代を同時に描くこの手法ってぇのはお子様に理解されるのでしょうかねぇ。確かに具体的にライダーを支持する世代はおっきいお兄さん方だろうけど、メインターゲットはやっぱり子供達だろうに。それともその部分は戦隊に投げちゃってんだろうか?それはそれでフザケんなって感じですが(爆)
まぁ、まだ1話でどうなるか解らない部分がほとんどのキバ、個人的にはまだまだ全然大丈夫って所だけど………どーなる事やら。
デザインとしてのキバは非情に格好良い。動いた所を観てもやっぱり格好良い。キバットのキャラも良い味出してましたなぁ。久々にベルトが欲しくなった。いや去年もガオウベルトとゼロノスベルトは買ったけどさ(ぁ
必殺技も久々の正統派ジャンプキック。シャッターに叩き付けた瞬間キバの紋章の形に凹むとか演出も上々。出来れば毎回必殺技やバイクアクションをしっかり魅せて貰いたいナァ。
初見で格好良いと思えた平成ライダーも実に久し振り。クウガ以来かも。スポーン?好きですが何か(ぁ
所で恵さんの使っていた銃、ドレイクゼクターの小型版ですか?と思った俺は多分もう駄目だ。あ、前言撤回。
トンボ銃よか遥かに多機能で遥かに強力でしたね(酷
ドレゼク
↑未だ記憶に残るドレイクゼクターの勇姿(拾い物)
[ 2008/01/27 10:27 ] 特撮 | TB(0) | CM(1)

KTフィギュアコレクションDX 装甲騎兵ボトムズ2体セット 

KTつかみ

「全くマスターは………厳しい厳しいと言いながらしっかり玩具だけは買うんだから………。
それも最近のじゃなく周回遅れ気味に」

「まーまー、お兄ちゃんは『エアパスタ生活にならないだけ、まだ自制が利いてる』って言ってるし、まだ大丈夫なんじゃない?」
「そういう問題じゃないよ………ってアレ?」
緑タコ1

「またスコープドッグ?今度のはレッドショルダーカスタムじゃない普通の?」
「あれー?」
緑タコ2

「もう1人来たのだ」
「いくら量産機だからって、今度は複数買いですかマスター!?」
緑タコ3

「3人目なのだ。まさに最低野郎の行進なのだ」
「わ、笑い事じゃなーい!しかも何か発砲しながら突っ込んでくるし!!」
紫タコ

「ってギャー!!今度は一気に3体増えた!紫の三連星!?」
「おねーちゃん落ち着くのだー。紫色のはメルキア軍仕様のスコープドッグなのだ」

集合

「あーびっくりした………」
「今回の玩具は海洋堂の山口勝久氏原型製作のKTフィギュアコレクションDX 装甲騎兵ボトムズ2体セットの紹介なのだ」
「ノーマルカラーの緑とメルキアカラーの紫、2体のスコープドッグをセットにしたフルアクションフィギュアなんだね」
緑タコ三代

「ちなみに大きさはこんな具合なのだ。アクティックギアより小さいのだ」
「それは解るんだけど、後ろのやたら大きな緑色の物体は何?」
「やまとの1/12スケールなのだ。とてつもなくでっかいのだ」
「比較になるの?コレ………」
緑タコエフェクト

「ノーマルカラーにはヘヴィマシンガンとその発砲エフェクトパーツ、それとグライディングパーツが付属してるのだ」
紫タコエフェクト

「そしてメルキアカラーにはソリッドシューターと、色違いのグライディングパーツが付属、と」
「両方に共通してるのは武器を両手持ちする為の左手首なのだ」
バトリングモドキ1

「世界の山口式だから、ダイナミックなアクションポーズが決まるねぇ。バトリングっぽいこんなシーンとか」
バトリングモドキ2

「しょるだーあたーっく!!燃えるのだ」
AG-VTM01と合わせて

「アクティックギアより少し小さいぐらいだから、前に紹介したレッドショルダーカスタムのジオラマパーツを使っても良いよねー」
「サイズ的に頑張れば2体ぐらい同時に並べられそうだしね」
全員集合、クライマックs

「………で、2体セットを3つで合計6体のスコープドッグ………何でこんな同じ物を」
「にゃふ、定価2100円の所を投売りで1個500円だったから全部買い占めてきたんだって。
まぁこれが発売されたのが2006年の10月で、それから何の続報も無いからコケたしリーズだしね

「わー!わー!まおちょっと黙っててー!!」
「にゅふふふふふふふふ」
[ 2008/01/14 15:48 ] 玩具 | TB(0) | CM(0)

AG-VTM01「リベンジオブレッドショルダー」 

RSCと犬猫

「ねぇまお、コレって前回紹介したアクティックギアのスコープドッグだよね?
マスターってば、片付け忘れた?」

「ああ、これはスコープドッグを改造したその名も『スコープドッグレッドショルダーカスタム』!
前のタコとは違う別物なのだ」

「で、そのレッドショルダーとやらが何でウチに?」
「そりゃーお兄ちゃんのお給料日から最初の日曜日だったからねー。
あ、それとレビューしといてって」

「………」

RSC前後

「えーっと、気を取り直して………。
この機体は主人公キリコ・キュービィがウド編のラストにて、「素体」の謎を探るべく治安警察本部へ侵攻する為に組み上げたカスタムタイプのATで、キリコの過去がほんの少し明かされたシーンに登場した事もあり、ほんの2話程度の登場ながら多くのファンの記憶に残る人気の機体です」

「武装は右肩に9連ロケットランチャー、右脇に2連ミサイルランチャー、左脇にガトリングガン、左腕にソリッドシューターをそれぞれ増設して、その管制の為のコンピューターユニットを搭載したバックパックを背負っているのだ。
レッドショルダーっていうのは正式には第24メルキア方面軍戦略機甲兵団特殊任務班X-1っていう部隊で、後に吸血部隊と呼ばれた特殊部隊の総称なのだ」

「本来レッドショルダーは右肩が赤く、またその赤ももっと暗い色なのですが………その理由は後述」
リベンジ・オブ・赤肩

「このAG-VTMシリーズはそれぞれ原作のシーンをイメージしたジオラマとストラクチャーに、ウェザリングを施したアクティックギアをセットにした商品であり、このリベンジオブレッドショルダーは主に2つのパターンの情景を演出出来ます。
まずコレ戦闘シーン。壁には弾痕が残り、エフェクトパーツとストラクチャーを使用して様々な戦闘シーンを演出可能です」

お気に召して?

「こちらは劇中の名シーン、『バニラが間違えて左肩を赤く塗った』シーンなのだ」
「どぉだぁキリコぉ、地獄からの使者レッドショルダーだぜ!
キリコちゃぁ~ん、お気に召して?」
「ふむ、レッドショルダーの赤はもっと暗い、血の色だ。
それとマークは右肩だ」

キリコ他

「↑のシーンを再現する為のキャラクターフィギュアも付属しています。未塗装の状態ですが、キリコ、ゴウト、バニラ、ココナをそれぞれ特徴を捉え再現しています」
ロケミサ

「で、今度はポーズを決めながら色々遊んでみたのだ」
ソリッド

「壁は表裏でそれぞれ異なる演出が出来るので、こういう使い方もアリですね」
両手

「一番最初のスコープドッグには付属しなかった平手がこのレッドショルダーカスタムには付いてくるから、マシンガンの両手持ちが可能なのだ」
左手

「平手は両手分、更に左の銃持ち手も付属するので様々なシーンやポーズが楽しめる、なかなか優れたセットです」
AG-01との比較

「最後に前回紹介したスコープドッグとの比較ですが、ウェザリングの程が解りますね」
「単品発売のRSCにはペンタトルーパーが付属してるし値段も安いから、もしAGのRSCが欲しい場合は値段が付属品かで選ぶのがお勧めなのだ」



AG1

「で、マスターのお買い物はコレだけ?確か今月やたら厳しいって言ってたよね」
「んみゅー、それがまだ一杯あるみたい。それもぜーんぶボトムズ関係で」
「むせる………」
[ 2008/01/13 19:46 ] 玩具 | TB(0) | CM(0)

シンキシンキ―――――――!! 

神姫スレ見てたら『のだめに神姫が!』と何やらHENTAI共が興奮気味。
何事かと事態を見守っていたら詳細見て吹いた。
ノダメ

ウェンツはフランス人のオタクという設定の役を演じているとの事ですが………解ります?後ろ。
では別のシーンから。
ノダメ1

画面左後ろのメタルラックに注目。花、騎士、イー姉、猫の箱が確認出来ます。
ノダメ2

更に大きな画像。
もう色々目に付いて吹けます。

全く、スタッフはアホだな(褒
[ 2008/01/04 22:02 ] 武装神姫 | TB(0) | CM(0)

アクティックギア「AG-V06 ベルゼルガ」 

「さて、今日は宣言通りレビューの続き、ベルゼルガの紹介をやるよ」
「にはは、おにーちゃんが一番好きなATなのだ」
ベルゼルガ1

「M級のスコープドッグ等に比べて大柄なATであるH級ATベルゼルガ。本商品はそのサイズの違いまで楽しめます」
「ベルゼルガ、っていうのは正式採用されたATの名称じゃなくって、クエント星っていう惑星で1体1体ハンドメイドで造られるATの総称なのだ。
これはTVシリーズのクメン編で傭兵ル・シャッコが搭乗していたベルゼルガWPというタイプなのだ」

「スコープドッグと比較しても回転しないレンズ、騎士のような装飾、そして左腕に備えられた盾………全く異なるタイプの機体にも見えるね」
「それが良いのか、実は結構人気のあるATにゃにゃにゃ」
ベルゼルガ2

「あくしょん!」
「本機最大の特徴である左腕のシールドはボールジョイントと軸関節の組み合わせである程度独立した可動が可能です。
そしてベルゼルガと言えばコレ!」

「一撃必殺パイルバンカーにゃ!!」
「今でこそ必殺兵器の代名詞的なパイルバンカーですが、それを一番最初に装備した機体とも言われています。
それだけに当時はただ『杭』とだけ呼ばれていたという話があるとか………」

ベルゼルガ3

「降着姿勢も当然可能。中にはル・シャッコのフィギュア(未彩色)が搭乗しています」
「写真は撮り忘れちゃったけど、バイザーの開閉機構も当然備えてるのだ」
ベルゼルガ4

「そして湿地帯用の装備、スワンピークラッグの展開!ダイビングビートルの脚部を使用してクメンの環境に合わせて改造したんだって」
「ホイール部分はパーツの差し替えで展開と非展開を再現出来ます」


「流石に一度に2つの紹介は無理だったのだー」
「ははは、そうだね。まぁお疲れ」
ベルゼルガ5

「だけどやっぱりアクティックギアってちっちゃいよねー」
「小さいだけじゃなく、しっかり遊べるっていうのが支持されてる所以かな?ウチのもスコープドッグとベルゼルガだけじゃ何の関連性も無いからね。もっともっと数を揃えたくなるよ」
「タカラトミーさーん、ペールゼン・ファイルズのシリーズ展開も良いけれど、一刻も早いTVシリーズ登場ATの制覇をお願いしまーす!」
「ストライクドッグとかラビドリードッグとかツヴァークとかね………それじゃ、今日はこの辺で」
「ばいばーいっ」
[ 2008/01/02 13:00 ] 玩具 | TB(0) | CM(0)

アクティックギア「AG-V01 スコープドッグ」 

「にゃー、何だかレビューのお仕事もお久し振りなのだ」
「まお、2008年一番最初の記事なんだから、もっとちゃんとしないと」
「にゃはは、そーいえばそうだったのだ。
訪問者の皆さん、あけましておめでとうなのだー」

「本年もTRY&CHASEをお願いします(ぺこり)」
AG1

「にゃはは、それにしてもおねーちゃん、新しいお洋服似合ってるねー」
「まおもね。これは私達武装神姫の素体であるMMS素体の原型製作者、浅井真紀さんのサイト『EdenPlastics』で通販を受け付けているアウタスキンという商品なんだ。
私が着ているのが呼子鳥(ヨブコドリ)の白、まおが着ているのが和三盆(ワサンボン)の黄という訳」

「浅井パパってほーんと、何か作るのが好きなんだねぇ」
AG2

「さて今日のレビューはマスターが最近ハマっている装甲騎兵ボトムズから………」
「あ、あれかな?」
AG3

「おお!やっぱスコープドッグなのだ!おにーちゃんが最近買ったスコープドッグといえば、やまとの1/12なのだ、でっかいやつなのだ!」
「あいや、やまとの1/12シリーズでベルゼルガあったっけ………?」
AG4

「!?」
「でかっ!!」
AG5

「にゃーんだ、でっかいタコじゃなかったんだ」
「今回のレビューはマスターが発売当初に買って、今まで眠っていたタカラトミーのアクティックギアシリーズのスコープドッグとベルゼルガをお送りします」
「キリコさんはサイズ比較の特別出演ー。
なのでここでバイバイなのー」
[ 2008/01/01 22:13 ] 玩具 | TB(0) | CM(0)