FC2ブログ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神速の愛 

カブト

続きまして劇場版感想@カブト。
ネタバレ嫌う方は(以下略
・7年前落下した巨大隕石
その規模は半端無く、TV版では渋谷壊滅で済みましたが何と世界の海が干上がる程。ワームも画面を埋め尽くさんばかりの数が現れる。
ZECTは対ワーム用にマスクドライダーシステムを実戦配備、撃退に充てた。
画面上で確認出来たのはザビー、ドレイク、サソード、ガタック。が、サソードが登場するのはこの冒頭のシーンのみで物語には絡みません。恐らくワームにやられてしまったのかも。ゼクターごとやられたなら未登場でも不思議は無いと言う事でひとつ。


・自由を求めた離反者
ワームと戦うZECTに身を置きながら、そのやり方に反発し離反した者達による新たな組織NEO ZECT。ゼクトルーパーはネオトルーパーと名を変えてマイナーチェンジ、マスクドライダーは織田秀成=ヘラクスと風間大介=ドレイクが存在。
劇中ではZECTとNEO ZECTとワームによる三つ巴の戦いが描かれる事に。


・7年前の出来事
隕石落下直後、瓦礫に埋もれる一人の少年。同じように埋もれ助けを求める少女=ひよりに手を差し伸べようとするも、瓦礫に阻まれそれも叶わず己の無力さに打ちひしがれる少年=天道。


・天の道を往き、総てを司る男
NEO ZECTのリーダーである織田と、中枢メンバーである大介と修羅を追いつめる大和鉄騎=ケタロスと矢車想=ザビー。しかし加賀美新=ガタックは自分達の目的はワーム殲滅であり、ライダー同士で戦う事ではないと主張。大和もそれを前提に織田らにZECTに戻るよう土下座をするが、決裂。適格者全員が変身し戦う事に。
しかし其処へ現れた一人の男はカブトゼクターを手に仮面ライダーカブトへと変身。キャストオフするとケタロスとヘラクスを除く3人のライダーを一撃でいなし、交渉を持ち掛ける。
『どちらか俺の腕を買え。より高い値をつけた方の頭上に俺という太陽は輝く』
天道総司の登場である。


・加賀美とひより
ビストロ・サルにてひよりにプロポーズしようとするも中々切り出せない加賀美を激励する武宮さん。と、其処へこの世界では珍しい本物の鯖を持って天道が現れ「サバミソを作ってくれ」と持ち掛ける。
ちなみにこの前に外でゲスト出演していた次長課長が鯖に驚き、「俺も食いたいなぁ」「おみゃーに食わせる鯖は無ぇ!」とお約束のボケを披露。
加賀美は天道を外へ連れ出し、NEO ZECTに加担した真意を問う。それに対し「お祖母ちゃんは言っていた、強きを助け弱きを挫く」と言い放つ。
強い者が生き残るのが当然とする天道に、ひよりはじゃあ自分は駄目だなと寂しく呟く。
TV版と異なり近作のひよりは7年前の隕石の影響で身体を壊しているのだ(性格もちょっと柔らかい感じ)。
ひよりが去った後、天道は加賀美に「NEO ZECTは俺が潰す」とうそぶく。加賀美は不信感を抱きながらも、逆に利用してやろうと表面上天道に協力する事に。


・天空の梯子計画
ZECTが行おうとしている史上最大規模の作戦。
概要としては地上から軌道エレベーターで繋がったステーションからクロックアップシステム(恐らく大規模のジョウント移動)を利用して彗星を呼び出し、それを砕いて地上に雨を降らせようというもの。
天道を通じその情報を入手したNEO ZECTは自分達がそれを乗っ取り、自由を手にする為にZECTの上に立とうと考える。
・加賀美の求婚と天道の叫び
夜、星を見上げる加賀美とひより。実に良いムードです(ぁ
加賀美はひよりにプロポーズするも断られてしまう。ひよりは自分の身体の事もあり、受け入れてはならないと思い込んでいた。
一人涙するひよりの前に複数のワームが現れるも同時に天道が駆けつけ変身、戦いを挑む。
ココで注目したいのが天道の戦い振り。TV版とは全く異なり咆哮のような叫びを挙げてがむしゃらにワームに拳を打ち据えるカブトの姿は異常とも見える。
冒頭の天道とは決定的に違う点といえば、ひよりの存在である。何か裏がありそうと思った方は勘が良い。理由は後述。


・病院にて
ひよりの命が僅かと知り、驚愕する加賀美。それと同時に、ひよりはそれを知っていて自分のプロポーズを断ったのだと察する。
絶望する加賀美を殴りつけそんな事でひよりを守れるのかと叱責する天道。ナマの感情を剥き出しにする天道はやはり見ていて違和感ばかりしか感じられない(ぁ
天空の梯子計画の成功はひよりの為にもなるとし、天道は加賀美に計画遂行を託す。自らはNEO ZECT壊滅を誓って。


・早まる計画とビストロ・サルにての式準備
病院にて改めてプロポーズをする加賀美と、それを受けるひより。サルにて式を行う準備をする3人だが、其処へ天空の梯子計画の実行が早まったとの連絡が。
ひよりにすぐ戻ると告げ、軌道エレベーターへと急ぐ加賀美。展開が読めるとかマジ禁句ですよ(コラ
大介と修羅、ネオトルーパーを陽動に突入する織田と天道。だが、修羅とそれに近しいネオトルーパーはZECTに通じており大介はその銃弾を全身に浴びて倒れる。
何というか、劇場オリジナルライダーの引き立て役にもなれずくたばる辺りテリーマン以下といった感じが(酷
強襲はZECT側に筒抜けであり、突入した織田と天道もまた仕掛けられた罠を強行突破する羽目に。このシーンのバイクアクションは演出と相まって見所の一つかと。
織田は天道にステーションを任せる。「俺は地上を、お前は天を制するんだ!」今作における名台詞かとw
ヘラクスへ変身し、ゼクトルーパー部隊の中へ踊り込むと同時にカブトはカブトエクステンダー(エクスモード)にて軌道エレベーターを駆け上がる。


・舞台は宇宙へ
大和と加賀美がステーションに到達し、エレベーターのドアが開くと其処にはカブトエクステンダー(マスクドモード)が。
大和は天道の相手を引き受け、加賀美に計画実行を任せる。
狭いステーション内においてカブトクナイガンクナイモードで激しく斬り結ぶシーンは手に汗握りますな。
外に吸い出された後はクロックアップして更に激しくぶつかり合う事に。クロックアップ中は無重力の影響も大して受けて無さそうな雰囲気。
ココで天道がぽつりと一言「黄金のライダーに助けを求めた方が良いんじゃないか?」
これ以前でも語られた伝説の黄金のライダーの事ですが、まぁ話題になった武蔵が変身するコーカサスの事。


・計画実行
ガタックを起動スイッチに実行される天空の梯子計画。クロックアップマシンが起動し、彗星を呼び出すも………何とその背後に超巨大隕石の姿が。
彗星は砕け、その衝撃は無遠慮にステーションを襲う。当然ステーション外にて戦闘を繰り広げていたカブトとケタロスをも吹き飛ばす事に。


・天道の真意
その頃地上ではヘラクスVSザビーの戦いが。パーフェクトミッションを理念に策を張り巡らせた矢車に、窮地に陥るもパイプを撃ち抜きその蒸気で怯ませた一瞬の隙をついてライダービート・アックスモードを叩き付けヘラクスの勝利。
修羅はまだ大和が居ると吼えるも、大気との摩擦熱で燃えながらZECTの忠誠を叫び、大地に叩き付けられケタロス消滅。ZECT所属のライダーは加賀美が独自の行動を取る事からコーカサスを除き全滅する事に。
しかしその直後、ヘラクスは最強ライダーコーカサスに出会い一瞬で織田は殺害されてしまう。
生還した加賀美はカブトエクステンダーに跨り同様に帰還した天道に対し怒りを露わにする。が、ひよりの為と反撃しない天道に対し加賀美は自分と同じ想いをひよりに抱いているのでは?と感じる。
そして天道の口から衝撃の真実が語られる。
『ひよりは………俺の妹だ』


・病室での結婚式、最後の戦い
ひよりの容態が急変したと聞き、病院へ駆けつける天道と加賀美。天道は母親の形見であったペンダントをひより=愛する妹へ結婚祝いとしてプレゼントし、神父役を引き受け2人の結婚式を挙げる。
しかし指輪の交換の最中、ひよりは息を引き取ってしまう………。
劇場の中であっても、涙を止める事は出来ませんでした(ぁ

そして天道の戦いは俺の戦いでもあると、加賀美は立ち上がりZECTの計画を叩き潰す為の戦いへと挑んだ。
ZECTの目的とは、ワームと手を組み生き残らんとしたのだ。現在迫る隕石もまた、7年前と同じ多数のワームの卵を抱えている。
表向きには迫る巨大隕石をミサイルで破壊し、民衆の心をよりZECTへ引き付ける。だが、その実は地球上に圧倒的な数のワームを呼び寄せる事が本当の目的であった。


・GOD SPEED LOVE
たった2人で巨悪に立ち向かうカブトとガタックの前に、一人の男が立ちはだかる。黒崎一誠=仮面ライダーコーカサス。
最強の二文字は伊達ではなく、カブトとガタックを相手に圧倒的なスピードとパワーで2人を痛めつける。
その秘密はハイパーゼクターにあったが、カブトの危機に加賀美は身を挺して盾となり、その一瞬の隙をついてカブトはハイパーゼクターを奪い取り、コーカサスを宇宙空間へ追放した。
天道は重傷を負った加賀美を脱出ポッドへ乗せ、地球へと射出すると自らはハイパーゼクターを装着、ハイパーフォームへとキャストオフする。そのクロックアップ能力は驚くべき事に時間すら巻き戻し、マキシマムライダーパワーの発動によるライダーキックでコーカサスを吹き飛ばしミサイルごと爆破した。


・明かされる謎
カブトは隕石に向かい加速する。「お祖母ちゃんが言っていた。卓袱台を引っくり返すのは余程飯が不味い時だ、と。7年前まで引っくり返してくる」
その言葉通り、ハイパークロックアップの威力で隕石は7年前の宇宙空間へカブトごと転送。7年前の宇宙空間には、ワームの卵が眠る隕石が………。
「俺からのプレゼントだ」カブトは二つの隕石を激突させ、細かい岩塊へと変えてしまう。破片のいくつかは大気との摩擦熱で消滅したものの、一つだけは隕石として渋谷に激突する事となる。
そしてカブトは廃墟と化した渋谷に降り立ち、少年にベルトを授けると光となって消えていった。
少年はベルトを装着し、全力で瓦礫を振り払うと助けを求める少女の手をしっかりと握り、叫ぶ。
『お前は、俺が絶対に守る』




さて、別世界の話かと思っていたら何とビックリTV本編以前のエピソードであった今作(まぁこの設定がそのままTV版にフィードバックされるのか、疑問ではありますが)。
当初それ程期待してなかったせいもあるのか、なかなか楽しめましたよ。ハイパーフォームも結構格好良かったし。
しかしまぁ、宇宙空間ってのは正直どーだったかなぁと。個人的には地上でコーカサスとのケリつけて、隕石に向かい飛び立つカブトって絵面を期待していたのだけども。
まぁ、後はマトモな見せ場が皆無だったドレイクさんのご冥福をお祈りしましょうか(ぁ
スポンサーサイト
[ 2006/08/06 15:54 ] 特撮 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cvx3.blog69.fc2.com/tb.php/15-dcdae850




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。